以前からのホームスタジアムであったの老朽化の問題からより遠く離れたのでたびたび主催試合が行われている。 カリャリの市街は、の南東約89km、の南約123km、の南南東約174km、首都の南西約410kmに位置する。 ジェコやカルレス・ペレスらに代えてカリニッチや移籍後初先発となるビジャールを起用した。

22

そのローマはヘント戦のスタメンから5選手を変更。 例えば、カリャリの貴族は王国議会のサルデーニャ代表議員の地位を望んだ。

3

2020. トリノ対パルマ• 欧州にてコロナウイルス感染拡大中 イタリアが初動失敗により、1万人を超えるコロナウイルス罹患者を出していたり、マドリードなどでは学校閉鎖が行われたりと2月〜3月にかけて本格流行が始まっております。

9

12-2015. 補強した攻撃陣がチームを牽引し、余裕を持った試合運びをすることで疲労を抑えることが鍵になると思われます。 その後も攻勢に出るローマは13分にボックス右に侵入したブルーノ・ペレスがGK強襲のシュートを浴びせるも、28分に先制される。

何を期待されているかはわからないが、このチームが今重要なことを成し遂げているのはわかっているよ」 なお、セリエA第3節のユベントス戦が不戦敗扱いとなり、その後中止の原因となったナポリに勝ち点1剥奪の処分が下されたことについて改めて言及。

メス対ブレスト• 選手名 8 25 No. 2005.。

5

G・ペレイロにドリブルシュートを決められた。 試合は開始早々に失点を喫する苦しい展開になるも、22分にミラネーゼが同点ゴールを決め、起用に応える。 11-12• ブレスト対モナコ• 6-2005. 7 57 11. これは選手たちへの負担を考えると本当に馬鹿げたスケジュールだ。

15

Pos. ローマ対ラツィオ(13節、32節). 終盤にかけては流し気味にプレーした中、2-0のまま勝利し、内容の伴った白星を手にした。