さらに母指先端を第12胸椎より高位に動かしていく際には、肩甲骨の過剰な上方回旋や外転を抑制するため、筋活動の増大を認めます。 よって、外旋動作での 前下方組織の制限が強く、 後下方組織の制限は弱い状態にあります。 肩部痉挛,风湿性肩痛症,按摩术• 2 上腕骨頭と肩峰間の距離 正常:1cm 10mm 基本的には画像所見で確認することができる。

1

胸郭の可動性は軽視されがちですが、非常に重要です。 過度な前傾や後傾はありません。

棘下筋• 肩甲骨後傾・肩甲骨上方回旋の誘導• 逆に言うと良く動く分不安定でもあります。 「内転」では、背中の安定がなく動きの支点を肩に依存しやすい といった理由になります。

肩甲骨の運動学 肩甲骨の運動は、胸郭面上での滑り運動と肩鎖関節を運動軸とする回旋運動に分けられます。 この肩甲骨の滑走と上腕の動きを合わせたものを 「肩甲上腕リズム」といいます。 後傾の主な動筋は僧帽筋、下部線維となります。

2

一度、脇を広げる動作を行ってみてください! 「内転」と「下方回旋」をしながら両方を試してみてください! 下方回旋のみの方が、脇が開きにくいはずです。 肩甲骨前傾の増加 肩甲骨内旋に関して次のような研究があります。 背中の痛みというと• まずは解剖図を見てみましょう。

11

スポンサーリンク 本来の肩関節 ここまで、狭い意味での肩関節「肩甲上腕関節」について説明しました。

14

これじゃ利用者は満足しませんね。

10

神経系の問題• この位置を…… ゼロポジション といいます。

18