給与支払報告書の提出方法につきましては、のページをご覧ください。

25

給与支払報告書(総括表)• 給与支払報告書は、前年中に支払った給与についてすべて提出することになっています。

8

ただし、30万円以下の場合は提出を省略することができます。 その場合、年度の途中に退職者の分だけ先に送付することができます。

23

最初に送る際は、この項目は無視してかまいません。 このページでは、総括表、給与支払報告書および普通徴収切替理由書を記載する際の注意点について、ご案内します。

26

連絡が取れない場合も、すぐに諦めてはいけません。

4

[受給者総人員] 給与の支払期間内に給与を受給したすべての人数を記入します。 会社の係が担当している場合は、空欄で大丈夫です。 大口庁舎 税務課• ・所得税の源泉徴収義務事業主(個人・法人)は、原則、すべての受給者について個人住民税を特別徴収することが義務付けられています。

14

そもそも、なぜ2種類もの税金を取られるんだと思う人もいらっしゃると思いますが、国に納める税金と地方自治体に納める税金があります。 [中途就・退職] 新卒で4月から入社したとしても、所得税や住民税の区切りは1月1日から12月31日となるため、中途就職扱いとなる点で注意が必要です。

9