äēē間はäŋĄã˜ã‚‹æ°—æŒãĄã‚’å¤ąãŖãĻしぞãŖた時、清らかãĒåŋƒã¯æļˆæģ…しぞす。 おうしãĻæ„č­˜ãŒéŖ›ã‚“でしぞうぎでしょうかīŧŸ æ­Ŗį›´ã€å¯ãĻしぞうč‡Ē分がåĢŒã§åĢŒã§äģ•æ–šã‚りぞせん。 čŋˇãŖãŸã‚‰ããĄã‚“ã¨įĸēčĒã™ã‚‹ã‚¯ã‚ģをつけるとよいでしょう。

24

前ãĢもå¤ĸぎことだãŖたぎですがįžåŽŸãĢčĩˇããŸã‚‚ぎだと思ãŖãĻčŠąã‚’ã—ãĻしぞãŖãĻ、あãĒたはおかしいからį—…é™ĸãĢでもいãŖたらīŧŸã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻしぞいぞしたâ€Ļ æ­Ŗį›´å°‘しčŊãĄčžŧãŋぞした。

22

åŋƒã‹ã‚‰ä¸åŽ‰ãŒæļˆãˆãĻしぞいぞした。 冒頭でもč§Ļれたとおり、æœŦ書ãĢãŠã‘ã‚‹č‘—č€…ãŽč¨€č‘‰ã‚„čĄ¨įžã¯ã„ãĄã„ãĄåŽŗしい。 あと、ピãƒŗã‚¯ãŽã‚ˇãƒŧã‚šãƒĢãƒŧぎワãƒŗピãƒŧã‚šã‚’į€ãĻぞす。

26

ã“ã‚Œã¯ã€åžŒå¤Šæ€§ãŽč‰¯æ€§ãŽį˛žįĨžį§‘į–žæ‚Ŗです。

4

ぞた、同じようãĒįĩŒé¨“č€…æ§˜ãŽåŖ°ã‚„、åŽļ族ぎ斚で同じį—‡įŠļãŒåą…ã‚‹ã¨ã„ã†ã‹ãŸãŽčŠąãŒčžããŸã„ã§ã™ã€‚

15

į‰šåˆĨ支援å­Ļæ ĄãŽæ•™čĢ­å…č¨ąã‚’取垗した。 å¤ĸぎ中でぎæŗŗぎãŖãˇã‚ŠãĢよãŖãĻ多少ぎčĒ¤åˇŽã¯å‡ēるかもしれぞせんが、あãĒたはį„Ąäē‹ãĢč‡Ēらぎ冒é™ēãĢįĩ‚æ­ĸįŦĻを打ãĻるはずです。

12