この内訳について、創薬事業がマイナス5,700万円となっておりますが、2017年12月期には弊社がスイスのADC Therapeutics社に導出いたしました「LIV-1205」、先方のコードで「ADCT-701」のマイルストーンが含まれております。 従って、治験申請を行ってからおよそ9ヶ月後に患者さんの登録が終わって投与が始まるといったようなタイムラインをイメージしていただくとよろしいかと思います。

19

転職エージェントなら、そんな最後の交渉も一部代理で行ってくれます。 創薬支援事業は既存および新規顧客の取引が順調に拡大し、安定的な事業基盤構築が進んでいる。 「10の9~10乗程度」(藤原氏)の規模に高め、完全ヒト抗体ライブラリー構築を急いでいる。

22

ただ、今後「どこまで下落するのか」「どこまで上昇するのか」もしくは「一切上昇しないのか」は分かりません。 種類に応じた発現・精製方法を選び、純度や物性の分析を行う。

18

日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 もうカイオムの夢はついえてしまうのか……。

4

現在、複数の海外の会社で評価をいただいていまして、その中にはベンチャー、欧米の中堅製薬企業、あるいは欧米のグローバルな大手製薬企業も含まれています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。

16

行使しなければ割当先は何も損することはないため関係なく上昇しているかもしれません。

11

研究開発費は前期比若干の増加を見込んでいる。 47%の上昇…さらに上方修正を事前に発表していた アイモバイルも、その後ジワジワと下値を切り上げ、ここまで 44%の上昇…となっています。 ご理解の上、ご参考ください。

29