からは月1回金曜に更新。 るーちゃん 鞣河小学校を訪れた際に悠里が生き残りとして助けた女の子。

24

4巻でくるみを噛んだのはめぐねぇということはわかってますから、そのことがショックで回復が遅かったのではないかと。 ゆきは、謝罪を受け入れた直後にくるみと美紀を迎えに行こうと言い始める。

くるみが11巻まで持ちこたえた理由 この点についてはまず語りたい! まさかがっこうがゾンビ化を防ぐカギだったとは…… 学校近くの沼及びその源流の水にはゾンビ化を防ぐ成分が入っていたようです。 大学組がドローンを使ってユキ達をサポートしますが、兵士がそれにひっかりすぎ。

22

なんで?ユキが今まで自分を支えた人たちの力を借りるシーンならば、みーくんや大学組もいてもいいはず。

10

リーダーを慕っていたが、グループの壊滅後は笑顔を失い、美紀と寝食を共にする。 指輪2個をはめ、さとうのスカーフを握りしめ、さとうがなぜ生かしたかわからないが何をしていてもさとうの事を考え続けると決心する。 自分の名前を言うことができなかったため、悠里の妹と同じ「るーちゃん」と名づけられた。

4

急遽みんなで準備。 ランダルでは、学園生活部の処遇を巡って争っていたこと。 解除されます。

14

彼女らのぬくもりがあったからこそあの日まで生きてこれたんだという事を。 学園生活部 ゾンビ騒動を機に巡ヶ丘学院高等学校内に閉じ込められた由紀、胡桃、悠里、慈の4人が、「自分たちは閉じ込められているのではなく、学校の部活動としてここで暮らしている」と前向きに考えるために作った部活。

・ 漫画「がっこうぐらし!」5巻内容・感想です。 「由紀先輩は凄いですけど、そんなには凄くないです」 「生きた人たちも、生きようとした人たちも、みんなが凄いんです」 このみーくんの台詞はがっこうぐらしはただのゾンビ物ではないということを示す最高のセリフだと思います。

3