監督 佐藤 光治 大会の抱負及びチームの特徴 チームの一体感を大切にし、支え合う、離れない、団結するをスローガンにし、「スイミーフットボール」で2連覇を目指し、頑張ります。 J2 新潟秋山「頑張ってきます」J3沼津へ期限付き移籍 []• 27分の大沼優太くんの中央からのシュートは枠を捉えなかったが、33分、右からのクロスを中央に入り込んだ中井研太くんが押し込み1点差に詰め寄った。 2019年• 結果、4-1でソレッソFをくだし、熊本県予選史上はじめての4連覇を達成した。

30

日本代表 [9月13日 14:21]• 日本代表 [9月10日 15:17]• その試合に臨むまでの過程や取り組みも同じくらい重要だと思います。

強いチームは守備ができる。 J1 [9月14日 21:11]• 日本代表 [9月11日 14:23]• J3 [9月5日 19:47]• 大会を通じて自信と力をつけてきたソレッソFの健闘で、決勝戦は拮抗した展開となった。

19

J2 [9月15日 18:16]• J1 [9月15日 17:49]• 仲間たちの思いも胸に刻んだソレッソVが、全国の頂点を目指す。 分かっているようで、まだ分かっていない。 サッカー [9月11日 22:57]• 日本代表 [9月10日 7:01]• 2014年• 立ち上がりはソレッソVが押し込むが、ソレッソFはGK福田怜二くんやDF三好崇斗くんを中心とした粘り強い守備でこれに対応。

14

2018年• J1 [9月16日 9:05]• 2010年• J1 [9月15日 19:39]• しかし、水がだいぶ溜まっていたのもあってか、なかなかボールを動かすことができず、崩しやビルドアップの質を上げる部分に関してはあまりできませんでした。

J2 [9月11日 19:21]• サッカー [9月15日 20:27]• U-15はチームの底上げと課題である部分を上げるためにバランス良くメンバーを分けて臨みました。 さらに終了間際の19分には、試合を通してその高い技術と状況判断力を見せていたキャプテンの坂本君が中央突破からドリブルシュートを決めて追加点。

15

J1 [9月16日 6:00]• 練習場. 後半に入るとソレッソVの出足が良くなり、25分、右からのCKを再びキャプテンの松岡くんが決めて2-0に。 笑笑 写真より実物の方が若干チャラい 自分で開業して頑張ってるのは知ってたが、いかんせん健康である俺は整骨院とか縁遠い アスリートに特化した感じで頑張ってる なんで、太陽のタオルの下や、、、って思ったがそこは黙っといた、笑笑 教え子で競輪選手の塚本の写真も もう、おっちゃんやん笑笑笑笑 まさ、ダメだ。 ただ、守備に人数をかけた分、なかなかソレッソゴールに迫れず。

4