そんなやわらかい甘味が消えていくと同時に現れるのが苦み。 さっきも書きましたが、そこが好き嫌いの大きな点になるんじゃないかと。

14

2つのラベルの違いは原材料の違いです。

輸入元記載の説明を抜粋しました イエローラベル 典型的なバーボンウイスキーの伝統を感じさせる、 甘さと厚みのある香り、 まろやかでスムーズな味わい、 そして後口のキレのよさと、 混じり気のない素朴さが特長 ブラウンラベル 水割りやソーダ割りを好み、 繊細な味わいの料理とあわせることの多い 日本市場向けに設計された日本限定商品。 トワイスアップ(1対1で氷を入れない) 香りはこの飲み方が一番だと思います。

26

(ロック) 香りは、樽由来の香りが強めになり、バニラ、若干の溶剤の香り、バナナ。 その歴史は古く、1860年に発売され。 ハイボールにしても、香り、味どちらもしっかりとしていて、美味しいです。

10

) そういったものを味わい、集め。 このページの目次 CLOSE• ストレートの印象• ギフトセット• さらにスパイス感もましてけっこうパンチのある味わいになりますね。 アメリカじゃあ新樽の使用割合が低いので、「バーボン」ではなく、「ケンタッキーウィスキー」として販売されている模様。

16

かなりのロングセラーですね。

29

オークの香りとコクの深みが際立つ、華やかで繊細な味わいのバーボンです。 まとめ アーリータイムズ ブラウンラベルは、まさにバーボンと言ったところで、バーボン特有の癖のある甘み、美味しさを感じることができます。

5