12月のお給料が確定するまでは 少な目に見積もって 今年の年収が確定した時点で クレジット払いにして 決済日が受領日になっている 自治体に上限金額まで寄付をする感じです。 源泉徴収票の記載内容を確認しながら必要事項を入力すると、自動で年間の上限額が算出できます。 こちらにつきましては、同サイト内で公開している別の記事で紹介しておりますので、併せて読み進めてみることをおすすめします。

30

12月分給料は、H29年の支払いになるので入りません) 同じく「社会保険合計額」も、検証して同計算期間であることが分かりました。

15

・・・金額が合わない。 ふるさと納税は年末12月31日 大みそか の23:59、本当の年越しギリギリまで行うことができるので、まだ間に合う。

28

控除を受けるためには、確定申告で寄付額を申請しなければなりません。

22

住民税の住宅ローン控除を限度額いっぱいまで使っている。 今年 2016年 は限度額すべて出し切ろう。

20

>>> 厳密ではありませんが、だいたいの限度額の目安になると思います。