出産予定日から実際に出産が遅れても、産後8週間は出産日後から計算して構わないことになっています。 もし健康保険に加入していれば、健康保険組合から「出産手当金」が支給されるケースがありますが、国民健康保険ではそうした手当金の制度はありません。 出産が遅れても、産後8週間は出産日後から計算して構わない• ちゃはちです。

22

僕の妻も、産休中に契約が満了する形だったので、通常なら取得条件はクリアできるものではありませんでした。 例えば、会社が、「女性のみ育休を取得できる。

1

【参考】• 一般的には派遣会社が自社の直接雇用に切り替えてくれるケースが多いようですが、事前にきちんと確認・交渉しておくとよいでしょう。

26

法律で定められている「勤続1年以上」という条件は、あくまでも非正規雇用者のみです。

30

ただし、万が一提出が漏れていた場合でも、後日提出することもできますので、詳しくは管轄の年金事務所に確認しましょう。 男性の育児休業は、子どもが産まれた日から、子どもが1歳の誕生日を迎える前日まで申請した期間、休業することができます。 その際、深夜労働を免除してもらう期間を、1か月〜6か月の間で決めて申請します。

11

これを読んだだけで自分がその条件を満たしていると判断できる人はどれくらいいるでしょうか。 出産後8週間は、法律で働くことを禁止しています。 休業補償なので、期間内に収入がないこと(もしくは出産手当金より収入が低いこと)が条件となります。

17

産休も育休も、申請は勤め先がしてくれます。 医師の診断書が必要になるので、病院に相談しましょう。

5