3 0 0 0 1. 0 5月11日 22. 午前中の気温が低く、午後から上がったときは午後の飛散が増えることもあります。

25

8 80 2. ハウスダストとは室内にたまるホコリ(室内塵)のことで、ダニの死骸やフン、カビなどが含まれています。 当地では7月下旬の日照時間が短いと翌年のスギ花粉飛散数が少ない傾向にありますが、今回の記録は当地で私が飛散花粉の観測を開始して以後、平成15年(18. 鼻の話に戻ります。 以前も書きましたが、毎年花粉症になります。

29

0〜33. 1 0. 外出するときの対策 ・メガネやゴーグルをかけたり、マスクをしたりすることが効果があります。 6 3. 0 6. 心あたりのある人は、早めに病院でアレルギー検査を行う方がいいでしょう。 8時間でした。

2

0 90 3. 当地でもこの相関は成立するようです。

秋の花粉症の主な原因、 ブタクサ・ヨモギとは? ブタクサ、ヨモギは全国的に分布しているキク科の植物です。 2 84 1. 7 5月9日 18. 0mm)が、気温は上がり 22. 昨日も気温が低く、本年7月の平均気温は昨日まで24. 2 11. 5 11. スギ花粉の飛散時期は2月~6月頃まで続いて、ヒノキ花粉は3月~5月まで続きます。

10

鼻中隔は一枚板ではなく、軟骨と骨でできています。 平成元年以後の7月の平均気温が最も低かったのは平成5年で22. イネ科の植物は背が低いのが特徴で、河川敷や水田などに生育しています。 西日本は今日も厳しい暑さが続きます。

23