į‰šãĢ、これはママ友ãĒおぎ大äēēぎäēē間é–ĸäŋ‚ぎ゚トãƒŦã‚šã¨æˇąã„ã¤ãĒがりがありぞす。 こぎäēēぎこぎ部分とか、äŊ•äēēいãĻもいいと思いぞすよ。 į—…æ°—ãŒč‰¯ããĒãŖãĻ娘を愛せるようãĢãĒりたい。

21

そしãĻもうæŦĄãĢįĩļ寞ãĢこんãĒã“ã¨ã‚’č¨€ã‚ãĒいためãĢはäŊ•ãŒã§ãã‚‹ã ã‚ã†ã‹īŧŸã€ ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€ã€Œã†ãĄãŽå­ã˜ã‚ƒãĒいよīŧã€ãĒんãĻč¨€ã†ã‚‚ãŽã§ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚ æŗŖきãĒがらį™’され、大きãĒ勇気をもらãŖたことがありぞす。 ぞとめ å­č‚˛ãĻをしãĻいると、母čĻĒとしãĻぎč‡ĒäŋĄãŒãĒくãĒることがäŊ•åēĻもありぞす。

14

äģ•äē‹ã‚‚įĩ‚えられず、子おもぎことも気ãĢかけられず、すずãĻが中途半įĢ¯ãŽã‚ˆã†ãĢ感じたことからå‡ēãŸč¨€č‘‰ãŒã€ã€Œ 母čĻĒå¤ąæ ŧ」だãŖたぎかもしれぞせん。 こんãĒãĢ大æŗŖきしたぎは、äēŒå¤Ē郎åĻŠå¨ ä¸­ãĢ情įˇ’不厉厚ãĢãĒãŖたときäģĨæĨ。 わが子ぎčĒ•į”Ÿã‚’į´ į›´ãĢ喜ãŗãĢくくãĒãŖãĻしぞうãģおぎ、æ—ĨæœŦä¸­ãŒæ‚˛ã—ãŋãĢ包ぞれた暗く重たいįŠē気は、įĸēかãĢäģŠãŽã‚ŗロナぎįŠļæŗã¨äŧŧãĻいるかもしれぞせん。

22

ã§ã¯ã€ãã‚Œã¯č¨ąã•ã‚Œã–ã‚‹įĩčĢ–ãĒぎかīŧŸé•ã†ã¨æ€ã†ã€‚ 晎æŽĩã¯æ„č­˜ã‚’ã—ãĻいãĒいぎで気ãĨきぞせんが、åŸēæœŦ、äŊ•ã‹ãĢæ˛Ąé ­ã—ãĻいる時間äģĨ外は、ブツブツとäŊ•ã‹ã—らつãļやいãĻいるもぎ。

2

å…Ĩé™ĸ中はテãƒŦビもæē帯もįĻæ­ĸで、退é™ĸしたら世ぎ中がå…Ĩé™ĸ前と変わãŖãĻã„ãŸãŽãŒčĄæ’ƒįš„でした。

27

ãƒŦッテãƒĢをč˛ŧるぎがæ—Ĩ頃からクã‚ģãĢãĒãŖãĻいると、č‡Ē分č‡ĒčēĢãĢもãƒŦッテãƒĢをč˛ŧãŖãĻã—ãžã„ãŒãĄãĢ。 合わせãĻčĒ­ãŋたい. 卒園ã‚ĸãƒĢバムãĢæŽ˛čŧ‰ã™ã‚‹ãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジぎ下書き äģŠæ—Ĩ夕éŖ¯ã‚’éŖŸãšãĻã„ã‚‹ã¨ã€å¨˜ãŸãĄã‹ã‚‰ã“ã‚“ãĒã“ã¨ã‚’č¨€ã‚ã‚Œãžã—ãŸã€‚ だからこそ、č‡Ē分ãĢæą‚ã‚ã‚‰ã‚ŒãĻいるäē‹ãŒåˆ†ã‹ãŖãĻいãĻ そぎニãƒŧã‚ēがč‡Ē分ぎåŋƒãŽä¸­ãŽæ€ã„ã‚„č€ƒãˆã¨ã¯ã‹ã‘é›ĸれãĻいãĻã‚‚ã€æą‚ã‚ã‚‰ã‚ŒãŸã‚‰åŋœãˆãĻしぞう äēēãŽč‰¯ã„æ–šãĒぎでしょう。

12

子おもãĢ寞しãĻåēƒã„åŋƒã§æŽĨすることぎできãĒいč‡Ē分をč˛Ŧめ「į§ãŖãĻ母čĻĒãĢ向いãĻいãĒいぎかãĒīŧŸ ごめんね、こんãĒ母čĻĒã§ã€ã¨ã€å­ãŠã‚‚ãŽå¯éĄ”ã‚’čĻ‹ãĒがらæŗŖいたæ—Ĩもありぞした。