噛ãŋåˆã‚ã›ã‹ã‚‰č€ƒãˆãĻもéĢĒを切るぎãĢは、掋åŋĩãĒがら遊しãĻはいãĒいぎです。

9

3į­‰åˆ†ãĢしãĻįœŸã‚“中から切りぞす。 【3】æŽĩ階įš„ãĢ分けãĻã‚Ģットする 分け取ãŖãĻおいた前éĢĒを、さらãĢ分ける。

éĢĒぎボãƒĒãƒĨãƒŧムを抑える際ãĢはéĢĒをねじãŖãĻハã‚ĩミをå…Ĩれるを少しãĨつčĒŋ整しãĒがらįš°ã‚Ščŋ”しã‚ĢットしãĻいきぞす。

1

それよりも、厉全性を重čĻ–しãĻハã‚ĩミぎ先が丸くãĒãŖãĻいるã‚ŋイプやį°Ąå˜ãĢã‚Ģットできるã‚ŗãƒŧãƒ ã‚ˇã‚§ãƒŧバãƒŧ、バãƒĒã‚Ģãƒŗがã‚ģットãĢãĒãŖãĻいるもぎがおすすめです。 éĢĒはクãƒĒップやヘã‚ĸゴムでブロッキãƒŗグをしãĻ少しãĨつ切るようãĢしぞす。

最垌ぎã‚ĢットはįŸ­ã„éĢĒがå‡ēãĻきãĻしぞうぎで、量が多いäēēでも毛先だけãĢしぞしょう。

22

ぞた錆ãŗや刃こãŧれãĒおčĩˇã“した場合ãĢはダイã‚Ŋãƒŧぎ同ã‚ŗãƒŧナãƒŧãĢãĻ専į”¨ãŽæ›ŋåˆƒã‚‚č˛ŠåŖ˛ã•ã‚ŒãĻいるぎで、刃ぎäē¤æ›ã‚’すればäŊ•åēĻでもäŊŋį”¨ã™ã‚‹ã“とが可čƒŊです。

19