性成熟は5年~6年で、平均寿命は25年~30年、飼育下で最長45年生きた。 他にも私たちの身近なところでは、ウナギやラッコ、ホッキョクグマやコアラも絶滅危惧種です。

10

温暖化している地域の個体群2つは、むしろ増加している。 毛は白く見えるが実際には色は無く透明、内部が空洞になっていて中にある気泡が白く見えている、この気泡は断熱効果や水に浮く浮力を発生させている。 雑食性だが他のクマよりも肉食性が強く、主にや魚などを食べるが、なども食べる。

13

ホッキョクグマは聴覚や嗅覚にすぐれ、1. 東南アジア、スマトラ島の標高500~1,500mの熱帯雨林に生息し、ジャックフルーツやマンゴー、ドリアン、イチジクなどの果物を主食としています。

15

推定個体数は約42万頭。

子供は2歳まで母親とすごす。

17

レミングやが少なくなると鳥を捕らえるようになる。 人間活動により海水中に排出された有毒化学物質が、食物連鎖を通じてアザラシに取り込まれ、アザラシを捕食することでホッキョクグマの健康にも悪影響を及ぼすことが懸念されている。