保養型産後ケア事業「ホテルでリフレッシュママ」 「ゆっくり食事をしたり体を休めたい」「肩こりや腰痛を楽にしたい」」そんなママにおすすめです。 北 北区清水四丁目17番1号 052-910-6815 地下鉄「黒川」下車徒歩5分。 面談に時間がかかる場合がありますので、時間に余裕をもってお越しください。

10

秘密は固く守ります。

日本が子育て世代包括支援センターのお手本としようとしているのは、フィンランドの「ネウボラ」の制度と言われており、フィンランドでは利用率も高く制度や施設が定着しています。 赤ちゃんと一緒にいるママは幸せいっぱいでもありますが、不安でいっぱになることもあります。

29

区役所と同じ。 健康増進課の窓口にお越しください。 子育て世代への支援を巡る状況 ライフスタイルや経済社会の変化の中で、子育てを専ら家族に委ねるのでは、子育てそのものが大きな困難に直面する。

13

電話番号:098-939-1252(直通) 住 所:〒904-8501 沖縄市仲宗根町26番1号. 疑問に思っていること、不安に思っていること、些細なことでもお気軽にご相談ください。

5

このカードには、妊娠中に気をつけてほしいこと、妊婦さんの妊娠週数にあった教室や電話支援の日程の計画、産後の育児がスムーズに進められるようにするための子育てサポートプランを紹介しています。 このページの目次• また、インターネットの情報に振り回される親たちもおり、混乱や誤解、あるいは基本的な知識や情報の欠落のために、子育てのつまづきのリスクも高まりがちである。

25

西 西区花の木二丁目18番1号 052-529-7105 地下鉄「浄心」下車徒歩3分。 産後ケア事業 療養型産後ケア事業(ショートステイ・デイケア) 「出産し退院したけど、家族や実家から支援が受けられない」「自分の体調に不安がある」「育児に不安がある」そんなママに、産科医療機関でショートステイ(宿泊)やデイケア(日帰り)を利用し、助産師や看護師から乳房のケアや授乳指導、育児相談などが受けられます。 区役所と同じ。

解決策を一緒に考え、情報提供やアドバイスを行ったり、医療機関や福祉等相談窓口の紹介を行ったりします。

3