最後もよく頑張ってくれたし、最高の名牝です」 2014年11月30日 4着 レース短評 内をロスなく回ってきたが、伸び脚に勢いがなかった。

4

スローの瞬発力勝負になって牝馬の、さらに父の産駒らしい決め手が生きた印象。 豪華な血統背景や高額馬であることに目がくらむと、馬券やPOG、一口馬主で痛い目を見ます。

18

ミッキーセレスタ、1億1340万円、馬主ミッキー。 ・父と母の特徴が喧嘩し合っているのではないか? ・にもかかわらず、高額馬が多い。

12

ジェンティルドンナの取材メモ 2014年12月28日 1着 レース短評 若干テンションは高めだが、レースでは上手に折り合い、勝負どころからはエピファネイアをマークしてスパートを開始。

16

亜国産• 一度はデビュー予定も外傷で… そんな中、再度ハーツクライを配合されたミッキーセレスタが今週末デビューを迎えようとしています。 上述の一覧に、セリの落札価格を加えます。

11

ミッキーセレスタ 近況・次走 前走の は4着。 直線は狭いところに入ったが、最後までしっかりと走ってくれた」 提供:週刊Gallop. 2歳で能力の片鱗を見せ、3歳で才能が開花そ、古馬になってからも能力が衰えない、そんな怪物級の競走馬。 指名馬 ブエナベントゥーラ 790P サンデージャック 0P サトノレイナス 4310P ロジネイア 508P ギブミーラブ 0P ルペルカーリア 110P ダノンザキッド 11000P ジェラルディーナ 890P トレデマンド 70P タイトルホルダー 3100P• 亜国産• さらに暗い数字を出しましょう。

「でも、それはディープインパクトの力でしょ? アルゼンチン牝馬とか関係なくない? それなのに、ハーツクライだけどうのこうの言うのはおかしくない?」 という疑問が生じるかもしれません。 ハーツクライとアルゼンチン牝馬の組み合わせは、黄金配合になるという期待を抱いていました。 アルゼンチン競馬ファンとしては出したくないところではありますが……。