be動詞を使った現在進行形の疑問文は比較的に簡単で、 特に例外もありません。 何度も何度も繰り返される事によって、いつもしているという感覚で、現在進行形を用います。 彼はお父さんにどんどん似てきている。

4

先ほどと異なる点は、 「今この瞬間」ではなく、 ここ最近 おこなっていることを表します。

ところが、同じように(見える)と訳せるseeは、進行形を作ることができません。 >習慣、真実 なら、まったく同じ表現であるべし・・・との前提が不適当、としか・・・。

28

(イ) a. 「持っている」は継続的な状態を表すからです。 resemble(似ている)• 「未来」の決まっている予定といえば 中学校でも習った 「Be going to」というフレーズ。

状態動詞の場合は現在形も表わせますが、それ以外では基本的に、未来・反復・習慣などを表わします。

やはり、現在形ですね。

17

ただ、この知覚を表す一般動詞はシチュエーションによっては、「ing」をつけることが多いです。

22

普段習慣的に主にやってる事、つまり学校に通う、仕事をしてる、そういう事を聞いてるわけです。 現在進行形は今を含めた一定の期間行われている行為に適応が出来ます。

30