音楽というのは待ちの姿勢では絶対に売れないということや、相当努力して頑張らないと食っていけないとか..。 ここでは、その方法を中心にお話ししましょう。 アルバムの制作の裏側とともに、「楽器を持たないパンクバンド」というキャッチコピーがもたらした変化や、ほぼ全ての振り付けをアイナ・ジ・エンドが手掛ける由来など、貴重なエピソードも語ってもらった。

22

L3はマルチバンド・ピーク・リミッターを採用し、異なる帯域間におけるインター・モジュレーションひずみを抑えることでクリーンなサウンドを実現しました。 だから成長が早い。 あの小室さんが言うぐらいだから、本当にすごいことなんだなって(笑)。

13

「BUDOKANかもしくはTAMANEGI」(共作詞・作曲・共編曲・ギター)(作詞はセントチヒロ・チッチ、、編曲はと共作)• 何年もかけてやっと見えてきたところだったので、「ここで分裂か」とは思いましたね(笑)。 そこからやっと、いわゆる地上戦に行ける立ち位置になるのかなと思っていて、なので、そこに向かってテイクオフできる本人たちのパワーっていうものを幕張では観せたいなって思ってます」 今回の『GiANT KiLLERS』に続いては、GANG PARADE、BiSが各々のシングルを控え、一方では新グループとなるProject aW(仮)の動向も気になるところ。

松隈氏はユニゾンを嫌います。

7

例えばスネアに挿すと、胴鳴りがバコッと出てきてインパクトが増します。 」(作曲・ギター)• 松隈 だってジョンスぺが弾かないとジョンスぺの音にはなんないから(笑)。 「GiANT KiLLERS」(作曲・ギター)• 「TOMORROW」(共作詞・作曲)(作詞はと共作)• 聴く曲聴く曲、全部好きでした。

2013年5月28日閲覧。

11

むしろ盛り上がるし良いとも言っています。 「Give me pain」(作曲・編曲)• おそらくPVも予算をかけてくれるんだろうなって思ったんで、かけ甲斐のあるような曲がいいかなって(笑)。

16