作戦は成功し、ほとんどの人質は無傷で解放されたが、脱出時に落下したり銃弾を受けたフランシスコ・トゥデラや青木大使ら複数の重軽傷者を出した他、人質のカルロス・ジュスティ最高裁判事と、特殊部隊のファン・バレル中佐、ラウル・ヒメネス中尉の計3名がし、MRTA構成員は14人全員が死んだ。 でも、そうはなりませんでした。 13:20 7日 03:20 ミニグ代表ほか2名、公邸を出る。

7

MRTA囚人の釈放についてはあり得ない 3. 『「ペルー人質事件」解読のための21章』、1997年8月、• 主催者がホソカワの会社の工場誘致を狙って、彼が愛してやまない歌姫をスペシャル・ゲストに招いたのだ。

12

出して見せて、もう一度引きずり込んで中に連れていって、四肢を切り落とし、乱暴を加えて殺したんだと。 最終的な人質の構成は、数名のやのを含むペルー政府関係者と、駐ペルー日本大使館員、や、などの日本の大手企業の駐在員などが中心となっていた。

実事件との比較には、当時ペルー大使館員で人質に取られた(平凡社2000. 『人質 ペルー日本大使公邸の126日』クレスト社、1997年10月、ISBN 4877120599• クリントン大統領からの支持を得られた 2. 結局、予定通りペルーへ向けて出発しました。 だがこんなことが長く続くはずがない。 『フジモリの悲劇 日本人が問われるもの』三五館、1997年11月、• 翌(平成9年)にペルー警察が突入し人質解放されるまで、4か月以上かかった。

24

出典:ウィキペディア 在ペルー日本大使公邸占拠事件の真実。 「この映画をきっかけに、あの事件や、その背景にある南米の政治や歴史に、より多くの人々が関心を持ってくれたらよいなとは思います。

4

在ペルー日本大使公邸占拠事件から20年 1996年12月17日に、ペルーの首都リマでテロリストによる駐ペルー日本大使公邸襲撃および占拠事件が起きた。 たとえば、揚げ物ひとつとっても、フライにするとか、天ぷらにした後に煮つけるとか。 この事件が発生する9カ月前に出張でペルーを訪れていました。

14

そして人の子のように 対等に接してくれる日本人と 4カ月間も一緒にいたことで 仲良くなっていきました。

30