特にルーフとボンネットは大変ですね。

19

常識的なSUVらしく、フェンダーモールからサイドスカートにかけて樹脂製のプロテクターも加わる。 引っかかるところがなく、良い意味で強い印象の残らない、穏やかな乗り味だ。

21

また、今どきの車らしく、走行支援機能はかなり充実しています。 部品やエンジンを共用するというだけでなく、概念を共通させることから多様な車種を構成できるという方式です。 念のため、リアゲートを閉め、スイッチもOFFにし、ドライバーに絶縁フィルムを貼り、取り外し。

SUV=大きい=使いにくそうという、運転苦手系な人が尻込みをしているとしたら、声を大きくして言おう。 ほかにも、CX-30が選ばれる理由はあるのでしょうか。 衝突テストや自動ブレーキはcx5 が優秀なので余計に評価が高くなる。

14

マツダCX3とスバルXV、マツダCX5とスバル フォレスター、マツダアテンザとレガシィ アウトバックをそれぞれ比較しながら、気になる違いを解説します。 その真意と狙いを試乗で探った。

28

マツダ「CX-30」のボディサイズは、CX-3とCX-5のちょうど中間に位置する。 ボディサイズと各車の新車価格帯も一緒に掲載しています。 都心部を視野の中心に据えたマツダ『CX-30』のインテリアは、黒を基調にした色気がある。

エクステリアデザインは個性的である。

30