ハーネス(胴輪)をつけています。

15

第5章 身体障害者補助犬に関する認定等 (法人の指定) 第15条 厚生労働大臣は、厚生労働省令で定めるところにより、身体障害者補助犬の種類ごとに、身体障害者補助犬の訓練又は研究を目的とする民法(明治29九年法律第89号)第34条の規定により設立された法人又は社会福祉法(昭和26年法律第45号)第31条第1項の規定により設立された社会福祉法人であって、次条に規定する認定の業務を適切かつ確実に行うことができると認められるものを、その申請により、当該業務を行う者として指定することができる。 )及び第2項、第95条第1項第2号 (第92条第2号に係る部分を除く。 また、道路交通法では盲導犬の公共交通機関への同伴を認めているだけで、盲導犬を含む補助犬を同伴した人が公共の場や飲食店、ホテル、旅館などを訪れた際に、入場を断られてしまうことも多かった。

冷蔵庫から飲み物を出したり、落としたものを拾い上げたり、着替えを手伝ったり。 盲導犬育成を行い、その頭数が年々増加をしていく一方で、盲導犬を受け入れる社会自体の理解は十分とはいえません。

10

また、都道府県・指定都市・中核市に補助犬の同伴や使用に関する相談窓口ができ、行政が必要な助言や指導を行います。 ただし、第2章の規定(介助犬又は聴導犬の訓練に係る部分に限る)については、から、9条の規定は同年から施行された。

26

)を身体障害者が利用する場合において身体障害者補助犬を同伴することを拒んではならない。 ものを壊すんじゃないか、粗相をするのでは? と心配される。 仙台市内には、公益財団法人日本盲導犬協会仙台訓練センターという施設があります。

7

この法律の成立以前は、盲導犬が道路交通法の改正により認められているだけで、聴覚障害者を助ける聴導犬や肢体 したい 不自由者を助ける介助犬は法律上、ペットと同様の扱いしか受けられなかった。 以下同じ。 「国は2019年4月に補助犬のガイドブックを刷新し、改めて認知を高めようとしていますが、これまで以上に自治体やさまざまな機関と連携し、補助犬の理解を広げる努力をする必要があると思います」(竹内解説委員) また、施設や事業所も補助犬への先入観や誤解を捨て、受け入れに乗り出してほしいと竹内解説委員は言います。

5

介助犬・聴導犬は公的認定制度がありませんでしたので、この法律で初めて公的認定制度が始まります。

18

2002年(平成14)10月1日に施行。 ただし、身体障害者補助犬となるため訓練中である犬又は第十六条第一項の認定を受けるため試験中である犬であって、その旨が明示されているものについては、この限りでない。

16