人口の60%(集団免疫に至る基準値)を感染させたいといっても、。 R 0=2. 理由としてはお金がかかるとか、副作用があるとかなども多いが、かなりの多くを占めるのが、「打ってもインフルエンザに罹った」というものではないだろうか?そもそもワクチンは信用しないという人も多くいる。 「なぜか第2波は死亡率が高かった。

7

その説は、京都大学大学院医学研究科の上久保靖彦特定教授らが唱えたものだ。 集団免疫は事態の沈静化に有効なのか。

日本の新型コロナウイルス感染による死者や重症者が欧米に比べて少ない要因の一つとして浮上する「集団免疫説」。 最新の研究で、 突然変異でウイルスの毒性が高まった事が明らかになってきました。 【欧州主要国との比較】 ベルギー 851人 イギリス 686人 スペイン 610人 イタリア 582人 スウェーデン 570人 フランス 464人 オランダ 359人 【北欧諸国や日本との比較】 スウェーデン 570人 デンマーク 106人 フィンランド 60人 ノルウェー 47人 アイスランド 29人 日本 8人 (worldometerより) 免疫のできた感染者が壁になり新たな感染を防ぐ集団免疫の獲得を主導してきたスウェーデン政府の疫学者アンデシュ・テグネル氏は地元メディアに対し「第2フェーズは検査と感染者と濃厚接触した人の追跡を徹底してクラスター(集団感染)の発生を抑える」と強調する。

23

今の私の関心は この感染がどの様な形で終息していくのかという点である。 長崎大熱帯医学研究所の安田二朗教授(ウイルス学)によると、集団免疫は多くの人がワクチン接種や自然感染によって免疫を付けることでウイルスを封じ込め、新たな感染を防ぐ考え方。 ここまで、 命を救うではなく、 命を延長させると書いてきたが、すべての人間はいずれ死ぬのである。

ワクチンが開発されるまでは、ロックダウンは当面の感染者数を抑える手段でしかないのです。 。

12

014=151万人)。 これは政府によるロックダウンなどの強力な介入は行わず、新型コロナに対する免疫を持つ人を増やすことで集団免疫を早期に確立するという方針です。