もちろん、この30万円に対して税がかけられることはありません。 決済期日が短い限月の価格よりも、決済期日が長い限月の価格の方が高い状態、コンタンゴになっていることがわかります。 ここで、次の「 価格調整額」の説明に移ります。

8

持ち高が増加するとその分、先物価格の変化(上昇・下落)に対する持ち高の変化(上昇・下落)が大きくなるため、先物価格と実際の投資(ETF)の乖離を生んでしまうことがあります。 >> さらに、限月、期近、期先は、大丈夫だろうか。 原油CFDやETFは「 ロールオーバー」を繰り返して「 コンタンゴ」が発生しているのです。

30

(本コラムは筆者の個人的意見をまとめたものであり、筆者の所属する組織の意見ではありません。

1

上の方にある画像内の2019年12月16日がそうですが、その際は 買いポジションを保有している人が「 価格調整額」を受け取りになっていますよね。 先物取引はこの商品(コモディティ)を扱うことによる特徴が色濃く出ています。

4

コンタンゴとは逆ですね。 期日が近い「 期近」よりも期日が先の「 期先」の方が価格は高いことが多いので。 このとき、売却価格130万円-購入価格150万円=-20万円となり、損失扱いになります。

野村原油と日経・東商取原油指数に差が開いたのは、シェール増産でドバイよりもWTIの方が安くなったためと考えられます。

11