毎週視聴します。 古語に曰く、人定って亦能く天に勝つと、氏の如きは能く自然を征服せし人と謂ふべし。

これは(43回・現役)、(32回)、(31回)に次いで4位の記録で、年6場所制が始まる以前のものとしては最高記録である。 雷電はこれを受けてで義援興行を行った後、3月場所に出場する。 上原家では代々が相撲好きで、自前の土俵を構えて20名ほどの少年の世話をしていたほどで、かつてこの地で巡業を行っていたが上原家と親交があったこともあり、道場から浦風部屋へスカウトされたこともあったという。

1

店に言いがかりをつけてきた酔っ払いの客に、五郎がやめるよう忠告するも聞く耳持たないために、一旦外に出て改めて帰るよう説得したが、かえって逆上させてしまったので、仕方なくアームロックをかけて追い払うという流れであった。

9

1975年4月4日~1983年3月、日本テレビ系のバラエティー番組『カックラキン大放送!! 同年10月場所では8勝1預1休で、初土俵以来6場所ぶりの優勝相当成績を挙げた。 ヴァイオリンの他、ピアノ、オルガン、箏曲を学べた。 その時に使用したの雷電名入りの類も保存されている。

4

千葉県佐倉市臼井台 妙覚寺の前に存在し、勝川春亭の雷電の立ち姿を等身大(197cm)に描き、佐久間象山の筆による「天下第一流力士雷電之碑」の文字が刻まれている。 入門 [ ] 太郎吉は(天明4年)秋に上京するが浦風はすぐにを踏ませることはせず、まずはへ入門させ、当時の角界の第一人者だったの内弟子として稽古を付け、その素質を存分に開花させる方針を採る。 , p. 132-133. (中略) 右、この田畠・林以下、および雑具等を左衛門五郎に譲り与えるところである。

(文化2年)2月場所開催中にが勃発するも、雷電は直接関わっていないと思われるが日記には大喧嘩の描写が事細かに記されていた。 長野県 上社本宮境内に奉納。

19

が「百里をもおどろかすべき雷電の手形をもって通る関と里()」と添えたものが有名で、生家のほかに十数枚が現存し、江戸払いを受ける直前となる「文化十一年四月四日」の日付のついたものを、が所蔵している。

13