動画に流れているコメントの大半も、私が思っていることと同じようなものだった。 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• が、敵をたくさん倒してすると倒した敵の数に例してたくさんがもらえるので、やはりある程度は倒していったほい。 なんというか、「ペーパーマリオ」シリーズと本家マリオのエッセンスを強引に混ぜ込んでしまったような? Wiiリモコンを無理やり活かした操作性 本作が発売されたのは2007年4月。

9

ややシリアス。 『スーパーシール』が問題作である理由、それを正当進化させた『カラースプラッシュ』 『ペーパーマリオ スーパーシール』(2012) 『ペーパーマリオ スーパーシール』は従来の要素を引き継ごうとしているのか、いろいろな要素が入っておりゲームシステムが破綻しかけている。 ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• 現代っ子と20年前の神作マリオストーリーファンのコメントでの言い合いも見かけるほどの賛否両論。

27

戦闘は『スーパーシール』同様マリオのみ操作し、仲間キャラはいない。 論客目録• 道中の展開はカオスでおちゃらけている分、シリアスな要素が最終盤までは少なめ。

25

現在受付けてる削除提案理由• 新要素 ペンキと色ヌケ• これはかなり強力で1回に30以上のダメージを与えて一気にボスキャラのHPを削ることができる。 おかげで行き来が面倒で仕方ないうえに、どのステージがどんな場所だったのかもわかりづらい。

そこで現れるのはに乗ったルイージ。

8

前作はシリーズファンからの評価が芳しくなかった上、本作発表時の前情報の時点では前作と同様のシステムや世界観を彷彿とさせるものだったため、発売前から特に海外ファンからの批判を大きく受け、では半数を超えるほどの圧倒的BAD評価が付けられてしまう事態を引き起こし、さらに「R. 新キャラも存在せず、登場キャラがキノピオばかりで目新しさは皆無。 システム はのように区切られた構成になっているがになっており、やに近い見たになっている。 評価対象は「作品の中身」。

html 3. 謎解きに使うシールもバトルに使うシールも 一回使ったらなくなってしまうので 同じシール使って謎解きするならもう一回シール拾いに行く必要があるし 攻撃するたびシールが減るからバトルは避けたくなる。