中野渡頭取は紀本常務と直接向き合い、牧野副頭取が選んだ自殺という判断は間違いであったこと、彼は一流のバンカーであった。 この「勇気一つを共にして」という歌は、ギリシャ神話が元になっています。

紀本にもバンカーとしての矜持は残っていたのか。 そんな折、金融庁の検査が東京中央銀行に入ります。

19

しかし、半沢側の人間である 帝国航空担当:山久は、 そのタスクフォースが持ってきた案は、 東京中央銀行とほぼ同じだと言うのです。 そんな中、金融庁が東京中央銀行に帝国航空の与信判断について異例のヒアリングに入るという情報が入ります。 「三人まとめて千倍返しだ!」と啖呵を切る半沢。

30

これを拒絶する半沢とは対立することとなる。

リストラ• ちょっと、wikiから引用すると JAL再生タスクフォースは、日本航空の経営再建のための資産査定及び再生計画策定・実行のために設置されていた、事業再生の専門家5名から成る国土交通大臣直轄の顧問団。

17

帝国航空再生タスクフォース 政権交代で国土交通大臣となった白井亜希子の諮問機関。

16

「三人まとめて千倍返しだ!」と。 白井も同様である。 金融庁 黒崎駿一 検査官。

1