ミッション4では、赤ちゃんとの関わり方、ミッション5では、赤ちゃんの危険を回避させるため、赤ちゃんの怪我や事故の予防と対応策や区内の医療機関の紹介と、「子育てひろば」や「一時預かり」など区が行う事業など、子育てに役立つ情報を掲載しています。 妊娠・出産・育児の基礎知識にはじまり、妊娠期のサポートのポイント、おむつ替えやミルク作りやお風呂の入れ方など育児作業の細かな手順説明など、必要な知識をわかりやすく得ることができ、父親としての虎の巻とも言えるでしょう。

17

「『あなた0点!』って妻に言われたんですよ」「子どもの熱が下がらなくて。 全国の父子手帳を研究している神戸常盤短期大学講師の小崎恭弘は、父子手帳が広まった背景として、少子化の社会問題化や男女共同参画意識の高まり、ライフスタイルの変化などを挙げている。

19

今後父子手帳を活用し、より普及させていくのであれば、自治体に向けた作成・配布を行うための支援策や制度を充実させていくことが重要となる。 ------------------------------------------------------------------ (Yahoo! 今まではシングルファザーとしての生活の覚悟はあったのに、母子手帳のことを意識していませんでした。

21

今の時代、育児や家事について、方法やテクニックを学ぼうと思えば、検索すれば色々と情報を得ることができます。

20

ネット閲覧可能な全国の父子手帳一覧 出版社から出ている父子手帳を教材として配布している自治体が多いですが、自治体によっては独自の父子手帳を作成しているところもあります。

16

秋田市がイクメン向け父子手帳を配布 そんな中、秋田県秋田市が興味深い取り組みを行っています。 母子手帳における子どもについての内容とは異なり、基本的な関わり合いや遊び方などが記載されており、父親へ向けて子どもへの理解を促す必要があるという意味で、子どもに関する内容を重視している自治体が多いのではないかといえる。 wakayama. 赤ちゃんがやってくることに対する戸惑いをお国言葉を交え、正直に表しているのは、熊本県が発行する「すきすきパパ手帳」。

11

(2)父子手帳の内容 作成・配布されている父子手帳では、様々な内容が一冊にまとめられており、一部の内容に特化したというものはない。 父子手帳の配布がある地域にお住まいの人もそうでない人も、是非色々な父子手帳を読み比べてみてください。 北海道・東北• 配布を行っているのは、「栃木県、埼玉県、東京都、福井県、岐阜県、長野県、鳥取県、山口県、熊本県、大分県、宮崎県」の11都県である。