服薬継続の必要性 [ ] 双極性障害の維持療法(再発予防)のためには、継続的に服薬することが重要である(最低2年間)。 、は処方してはならない。

22

New York: Marcel Dekker, Inc• まるで別人です。

よく冬季うつ病なんて言われていることもあります。 抗精神病薬としては、• - 日本うつ病学会• 対人関係療法では、良好な人間関係の形成に向けた介入・良い人間関係を築くためのスキル習得のサポートなどを通じて、対人関係のストレスを減らし、生活上の変化に適応しやすくすることを目指す。

16

その時に「もううつが治った」と思いこむことも少なくありません。

医師や薬剤師から病状やそれに対して現在行われている治療がどのようなものであるのか十分な説明を受け理解すること、家族など周囲の人も服薬に協力すること、医師は定期的のフォローアップし再発をモニターすることが重要である。

13

しかし、病気をしっかり理解し、その病気に対するこころの反応に目を配りつつ、治療がうまくいくように援助していく、ある種の精神療法が必要です。 2012年3月23日閲覧。 Borderline: an adjective in search of a1 noun. 躁状態の症状 うつ病と躁鬱病 うつ病については、よく知られています。

20

しかし放置していると、何度も躁状態とうつ状態を繰り返し、その間に人間関係、社会的信用、仕事や家庭といった人生の基盤が大きく損なわれてしまうのが、この病気の特徴のひとつでもあります。 仕事における決断、人間関係における決断など、 重大な決断は通常気分モードに戻るまではしてはいけません。 9月にうつ病から双極性障害二型と診断されました。

疲労感を感じず、充実した状態になる。 幸せな感じがする時もあれば悲しい気分の時もあるのは当たり前です。 注意散漫: 気が散って一つのことに集中できず、落ち着きがなくなる。

12