この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 次回は 「瑕疵担保履行法」についてお伝えします。 Webの説明だけで分かりにくければ、講座の利用を御検討ください。

1

1番は宅建業者間取引なので、その時点で宅建業法違反ではないと分かり、売買代金の2 割を超える損害賠償額の予定も可能となります。 ここで注意したいこととして、 保全措置が求められるのは 宅建業者が自ら売主であって、買主が一般消費者 =宅建業者ではない である場合に限られます。

銀行等は宅建業者が受け取る手付金等の全額について連帯保証するということです。

28

未完成物件なのか完成物件なのかを確認したら、5%や10%の数字を用いて計算をします。 )において工場又は事業場から公共用水域 (水質汚濁防止法 (昭和45年法律第138号)第2条第1項に規定する公共用水域をいう。 ]当該住宅が建築工事の完了後で、売買代金が3,000万円であった場合、売主は、買主から手付金200万円を受領した後、当該住宅を引き渡す前に中間金300万円を受領するためには、手付金200万円と合わせて保全措置を講じた後でなければ、その中間金を受領することができない。

24

老人ホームに入居するときに支払う「入居一時金」 施設によっては非常に高額になることがあります。

事業実施に伴う環境保全措置では、環境への影響を「回避」・「低減」を優先し、それでも残る影響については「代償するための措置」(代償措置)を検討することとされています。

27

同年11月2日に施行された。 【講じない】未完成物件で、売買契約締結から所有権移転までに受領する手付金等の額が宅建業法に定める保全措置が必要な額以下の場合 c. より安心して入居できるようになったといえるでしょう。 頼むなら、契約前にこのことをチェックしておきたいです。

12