その毒手の威力から、「 血手の杜殺」と呼ばれている。

そんなこんなで、十二星相がまたやってきた。

9

小魚児には人肉の味を指導 ただし小魚児はこっそり肉を吐き出していた。 なんせお話自体が面白い! このお話の大黒柱は、言わずもがな見目麗しい双子です。

燕南天と義兄弟)、花月奴(移花宮の宮女。

8

濃い脇役たち 武侠小説の名物は、何と言っても江湖にうごめく多数の怪人たちである。

5

物語終盤において、嫁衣神功の力によって復活した燕南天の手によって不具の体にされるが、あえて見逃される。 もーここ笑ったわ。 傲慢な小魚児とは異なり、眉目秀麗で礼儀正しいが、小魚児から「人形みたいだ」と言われてもいる。

江別鶴 江大俠と呼ばれ、慕われる英雄。