ここまで書いてきて一つ疑問に思ったことはありませんか? 「それならばそもそも今作の最後にフィーラーを倒す必要はあったのか?」と。

マップを見て、武器屋から右下に進む長い一本道にいるチョコボスタッフに話しかけて 「チョコボ車でファストトラベル」を解放させます。 フィーラーが守ろうとしている「運命」 フィーラーはリメイク版本編チャプター17で 「運命の番人」と表現されています。 しかし、『FF7リメイク』では、フィーラー 運命の番人 を倒した影響なのか大量の神羅兵に打ち勝ち、死ぬ運命が覆されたシーンが描写されました。

14

敵にも味方にもなる 彼らがいよいよ登場し介入してきたのは作戦当日、目的地へ出発する直前です。 当選賞品を譲渡(転売、オークション出品含む)しないことが応募・当選の条件です。

7

オリジナル版にはなかったウェポンレベル 1つの武器を使い続けることでウェポンレベルが上がり、武器に付属しているアビリティの効果が上昇します。

21

運命から外れかけていると察知してから、例えばジェシーを負傷させるという手段を取るだけならいくらでもタイミングはあったはずですし、外れたと分かった瞬間に行動を起こしても不思議ではありません。 おそらく、1作目 ミッドガル脱出まで 、2作目 カームの街~忘らるる都あたり 、3作目 エンディングへのラストスパート といった感じになると僕は予想してるんですけど、PS5で発売されたとしてもですし、 FF7Rは3部作と考えるのがベターかな、と。

25

それでも衝撃だったのは、壱番魔晄炉爆破のあとに道端で絶望に打ちひしがれるプレート上層市民のくだり。 期限までに登録が確認できなかった場合は、当選権利が取り消されます。 ザックスの結末に変化…? ストーリー終盤、「ザックス」の最後の回想シーンが流れます。

6

しかも、今回はストーリーの展開上、こういったプレートとプレートの境界部分やスラムを照らしている天井の巨大照明装置のコントロールルームといったインフラの裏側もじっくり観察できる。 彼の(本編以前の)運命ポイントでいえば、 「マリンを連れて、ミッドガルに来て、アバランチに参加している」ことの起点となる 「コレルでの出来事」が押さえられていて、それ以外の部分は運命やフィーラーに干渉されていないはずです。 もっとサクサク闘技場で戦わせてくれません!? マテリア• そして秘密の作戦に参加しアバランチの3人と関係を深めたことや、リーフハウスの子供たちとの関わりによってクラウドの人格(雰囲気)が変わったことなども分かりやすい変化の(積み重ねの)一つでしょう。