支給額は 833円! 内訳は• 毎月勤労統計調査をはじめとする厚労省が所管する統計について、長年にわたり不適切な取り扱いをしていたことにより、国民の皆様に多大なご迷惑をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。 となっていて、私の名前や生年月日、性別が記されていました。 対象者は? 《追加の支払い対象者》• たった数百円の追加給付のために、何万円も詐欺に遭ってしまえば泣くに泣けません。

1

人によっては10年以上前の書類なので、すでに持っていない人も多いのではないでしょうか。 【雇用保険・労災保険・船員保険】 住所データが残っている方については、システム改修等の準備が整い次第、お手紙にてご連絡を差し上げることを予定しています。 内容を十分にご確認いただい、お心当たりのある方は、 同封の用紙に必要事項をご記載の上、 同封の返信用封筒でお送りくださいますようお願いします。

平成31年1月11日(金) 【照会先】 <雇用保険関係> 職業安定局 雇用保険課 課長 松本 圭 課長補佐 田中 広秋 (代表電話) 03(5253)1111 (内線5761) (直通番号) 03(3502)6771 <労災保険関係> 労働基準局 労災管理課 課長 田中 仁志 課長補佐 尾崎 美弥子 (代表電話) 03(5253)1111 (内線5591) (直通番号) 03(3502)6292 <船員保険関係> 保険局 保険課 課長 安藤 公一 課長補佐 市川 聡 (代表電話) 03(5253)1111 (内線3243) (直通番号) 03(3595)2556 <事業主向け助成金関係> 職業安定局 雇用開発部 雇用開発企画課 課長 河野 恭子 課長補佐 占部 亮 (代表電話) 03(5253)1111 (内線5816) (直通番号) 03(3502)1718 報道関係者 各位 本日公表を行った毎月勤労統計調査において全数調査するとしていたところを一部抽出調査で行っていたことにより、平成16年以降の同調査における賃金額が低めに出ていたことから、同調査の平均給与額の変動を基礎としてスライド率等を算定している雇用保険制度等における給付額に影響が生じております。 裏面「払渡希望金融機関届」の記入 裏面は 「氏名」「住所」「電話番号」「振込口座」を記入します。 毎月勤労統計調査の不備と雇用保険の追加給付にどんな関係があるのか詳しいことは省きますが、担当者によると調査の不正で平均給与額が低く算出されていたため、多くの人に追加給付が必要になり、追加給付の総額は約300億円だそうです。

12

教育訓練支援給付• (対象になる可能性がある人についても郵送されています) この郵送自体は、 2019年11月頃から順次進められていたようです。 何年も前の失業保険の書類をみんな保管してないわ mikiko よく考えてみたら、「このブログはその時に始めたのでその年の確定申告の書類と一緒にあるかもしれない」と思って探しました。 記入事項 「 雇用保険の追加給付関する回答票(表面)と払渡希望金融機関届(裏面)」に記入します。

29

中には、返信用の封筒といっしょに書類一式が入っていました。 総額はいくらかかったのだろうと思うと悲しくなりますね。

23

分厚目の封筒で届いたし、多くの人に発送されているはずなので、アベノマスクとならんで、送料だけでも大変な金額になっているはずで、色んなシワ寄せが若者に向くんでしょうね。 このため、平成16年以降に労災保険の給付を受給した方の一部に対し、追加給付が必要となりました(現在受給中の方も該当する場合があります。 この毎月勤労統計調査の不正により、雇用保険などの給付金が、少なく支払われていたことが明るみになり、その対応として、追加給付が行われました。

30

一体、これだけの封筒に「何枚もきれいな文書を作っていくらかかっているのか?」のほうが気になります。

16