ただし、他の案件の優先順位や求められるスピードによっては、ティーチングを選んでもいい領域でしょう。 これらを始めとした多くの課題から研究開発が進み、 当機関ではコーチングとしてのコミュニケーションの取り方の型を構築しました。

こうしたアプローチは、一見すると時間や手間がかかるように思われるかもしれません。 そもそも、日本にコーチングが紹介された当初は、型はありませんでした。

14

本人の中にしかない情報やリソースにアクセスしたいとき• おそらく人は日常生活の中で物事を考えるとき、とりあえず目的なく考え始めて、飽きたら考えるのをやめる…ということを繰り返しています。

指導者は目標達成のための答えを、対話や問いかけによってクライアントに気づかせるのです。 しかし、日本ではまだ馴染みの少ないビジネスです。 3日間しか続かない「三日坊主」や、恋愛では付き合ってから3か月過ぎると倦怠期に入ると言われています。

26

しかし、 現在では研究開発が進み、当機関では相性はコーチングの重要な要件ではありません。 2020. 自発的な行動を促したいとき 4. どのようにお感じになるかは、その人自身のことですので当機関として抗弁しません。

目標達成の過程において、クライアントのモチベーションが維持できる• 「こうなりたい」「こうありたい」という動機によって自然と行動が生まれ、自然とやる気が生まれ、自然と結果へと、導かれていくのです。 おもしろい、ためになると感じられるメールマガジンを配信してこそ、 読者から信頼してもらうことができます。

10