見習いとはいえ、お座敷に呼ばれれば芸妓同様、踊りや唄、お囃子など日本の伝統芸で宴席に興を添え、客をもてなす仕事であることに変わりはない。

13

(入江恭子・訳)『芸者 ライザと先斗町の女たち』、1985年12月、• モデル ・を漫画の要素に取り込んでいるためか、作中で描写されている台所のデザインは、に実在する町家宿「 」(かざりやと読む)の台所が元となっている(実際に単行本が置かれている)。 「お断り」の閉鎖的空間であった花街も近年、徐々に門戸を開いており、京都市観光協会が観光イベントとして協賛し、2009年1月より祇園の料理旅館で なども定期的に開催されるようになった。 熊谷康次郎(文)、濱岡昇(写真)『祇園と舞妓』、1974年• 納屋嘉治ほか(文)、溝縁ひろし(写真)『祇園 粋(すい)な遊びの世界』淡交社、1995年4月、• 現在も京都の祇園を中心とした花街で厳しいしきたりの下で活躍している。

2

仕事はキッチリするが、私生活はズボラでガサツ。 この期間の終わりを「年季が明ける」という。 京都・花街の人材育成を経営学の視点から研究している京都女子大学の西尾久美子教授によると、その成長要因は二つあるという。

26

・太りすぎでないこと。

28

舞妓・芸妓は、今から約300年前のに、京都の(当時は祇園社)のある周辺の、神社仏閣へ参詣する人や街道を旅する人にお茶をふるまったの茶立女(ちゃたておんな)に起源がある。 舞妓さんは「お母さん」と呼ばれる女主人のいる「置屋 おきや 」というところで、数人で住んでいます。

5

そこから翌朝の8時に起床して、また1日のスタートが始まります。 一般では七五三の着物にも、縫い上げが施されています。 最近は修学旅行の思い出やテレビの影響などで、地元の京都より他地域からの志願者が増えているというが、花街特有の厳しさからか、人材育成の努力もむなしく道半ばでリタイアする舞妓、芸妓が後を絶たない。

23