の代表作『』で主役のシェーンを演じたことで知られる。 キャスト [ ] アラン・ラッド 予告編から• [2004年4月15日 11時24分7秒] お名前: はせべひろし 最初の邦題が「血ぬられし欲情」、途中変更されて、「八人の男を殺した女」。 とりあえず、裕次郎さんの伝説は、実際には身長も股下も多少のサバ読みの上に成り立っているのかもしれません。

19

(右の写真) 飛び込みをしているアラン・ラッド ・1936年、高校時代からの恋人と結婚。 『大いなる野望』は翌年公開され、その年の最も有名な映画の一本になったが、生前のラッドが本作の上映を見ることは叶わなかった。

25

主演者2人の性格を生かした、友情と復讐の物語である。 カムバック!! もちろん、ジョーイの目を通して描かれるシェーンのかっこよさは問答無用だ。 して記事の信頼性向上にご協力ください。

「ウエストサイド物語」などのナタリー・ウッドもたしか日本人女性と同じくらいの小柄な印象の人ですが、デビュー時、日本の映画雑誌で「身長175センチ、体重41キロ」と、あきらかに誤植 「157」の"5"と"7"が入れ替わってしまった か計算まちがいで紹介されていました。 リズ・トーリー - ()• (に対してはもいる。 (左の写真) 『島の女』 1957年) ソフィア・ローレンと ・ジョージ・スティーヴンス監督の大ヒット作 1956年) で、が演じた役のオファーを断っている。

7

・高校時代は優秀な飛び込み選手で、ロサンゼルス・オリンピック 1932年) を目指していたが、怪我をして断念。

4

18