éŖŸæŦ˛ä¸æŒ¯ãŒįļšã„ãĻいるâ€ĸ é ŦéĒ¨ã¯ã€ä¸ŠéĄŽīŧˆã†ã‚ã‚ごīŧ‰ãŽéĒ¨ã¨ã‚‚つãĒぎ合わさãŖãĻいぞす。 あばらéĒ¨ã¯ã€čƒ¸ãŽå‰éĸãĢ、かごぎようãĒåŊĸã§ä¸­ãŽč‡“å™¨ã‚’åŽˆãŖãĻいぞす。

15

åē§ã‚Šäģ•äē‹ã§é•ˇæ™‚間前かがãŋãĢãĒãŖたりする斚も多いはずです。 肋éĒ¨éĒ¨æŠ˜ã¯įŒĢčƒŒãŽįŸ¯æ­ŖãĢãĒるかもしれぞせんね。 そぎįĩæžœã€į–˛ã‚Œã‚„すかãŖãŸã‚Šã€č‚ŒãŒč’ã‚Œã‚‹ã€åĄŠå‘ŗがåŧˇã„į‰Šã‚’åĨŊむようãĢãĒるãĒおぎį—‡įŠļがå‡ēぞす。

25

それでも、å¤ĒれãĒいæ—Ĩã€…ãŒé•ˇãįļšã„たが、 å¤Ēã‚‹ãƒĄã‚Ģニã‚ēムを栄養å­Ļ、į”Ÿį†å­ĻぎčĻ–į‚šã§į ”įŠļしå°Ŋくすことで、į—Šã›ã™ãŽäŊ“čŗĒぎ攚善を果たす。

7

åĻŠå¨ ä¸­ãŽå°žãĻいéĒ¨ãŽį—›ãŋぎ原因 圧čŋĢ åĻŠå¨ ä¸­ãĢは尞ãĻいéĒ¨ãŒå‡ēãĻるわけでもãĒくį—›ã‚€å ´åˆãŒã‚りぞす。

į‰šãĢ肝臓ãĒãŠãŽč‡“å™¨ãŒįœ ãŖãĻã„ã‚‹č‚‹éĒ¨éƒ¨åˆ†ã¯į—›ãŋãĒおぎ初期į—‡įŠļがå‡ēãĢくい場所ãĢもãĒりぞすぎで、į—›ãŋäģĨ外でぎã‚ĩイãƒŗは非常ãĢ重čĻãĢãĒりぞす。 では、おぎようãĢå§ŋå‹ĸã‚’æ„č­˜ã—ãĻæ­Ŗせばよいぎでしょうか。 į—›ãŋを掋すと一į”Ÿč‹Ļしãŋぞす。

17

それぞでは、 『čĩˇãã‚‹īŧã€ã¨æ€ãŖãĻからįĢ‹ãĄä¸ŠãŒã‚‹ãžã§ãĢīŧ‘分äģĨ上かかãŖãĻいぞしたからね。 č‡Ē分が『双鞍門į­‹č‚‰čĒŋ整æŗ•ã€ã‚’しãĻいる時ãĢ、æŗ¨į›Žã—ãĻいるäŊ“ぎ部分としãĻ、 肋éĒ¨ã‚’čĻ‹ã‚‹ã¨ã„うことをäģĨ前ãĢ投į¨ŋさせãĻいただいた。 ã‚ĒãƒŦが掴ãŖãĻくれãŖãĻ言ãŖたæŧ”å‡ēãĒんで、全くčĒ°ã‚‚æ‚ĒくãĒいんですけお。

9