50秒頃、機長の「フラップみんなでくっついてちゃ駄目だ」との声に混じって副操縦士が「フラップアップ、フラップアップ」と叫び、すぐさまフラップを引き上げたがさらに降下率が上がった。 88psiまで上げた時だった。

12

2 航空事故調査の概要• 御巣鷹で発生したJAL123便の日航機墜落事故の真相を追います。 応答が返ってくることは無かったのです。 搭乗にはを使用せず、地上からで昇った。

158. 8 2. 自衛隊と県警が、乗客の死亡を待つかのように救難隊の到着を遅らせたことは事実なのだ。 1986(昭和61年)、調布飛行場分室において、コンピュータ解析結果の検証のため、トルクボックスを対象とした破壊実験を行った。

16

123• 101歳でした。 、B737。 生存者である川上慶子さんら4人は、座っていた姿勢や周囲の人や物が、偶然にも御巣鷹の地面との接触時の衝撃をやわらげるクッションのような役割を果たし、それにより命を取り留めることが出来たのではないかと考えられています。

17

円筒形で真っ赤。

22

同じ年頃の子どもでもいるのだろうか、ほとんど完全体の、二歳くらいの女の子の身体をやさしく丹念に拭いてやっていた看護婦が、突然子どもを抱きかかえ、その顔に頬ずりをし、やさしく何度も背中をさすっている。 免許証を包んだ紙には夫から「子供をよろしく」といった家族へのメッセージが残されていた。

8

これほどの甚大な被害を出しながら、現在は風化されつつある事故でもあります。

(昭和53年)に伊丹空港で起こした「」後の、による圧力隔壁の不適切修理による破損が事故原因と推定されている。

23