īŧ‰ と、いつもよりは攚ぞãŖãĻ書いãĻã€č‰˛ãŽč¤Ēã›å§‹ã‚ãŸčŠãĢæˇģえたīŧˆã‚‚ぎを持たせãĻやãŖたīŧ‰ã€‚ いとおしう åŋƒãĨきãĒく思ãĩことぞ、限りãĒきや 「『内čŖãĢ』ãĒãŠč¨€ã˛ã¤ã¤ãžã‚ã‚‹ãšãã‚’ã€ã¨ã„ã†į­†č€…ãŽæ°—æŒãĄã¯īŧŸ å…ŧåŽļがよそãĢ愛äēēをäŊœãŖãĻきたぎだけでも十分ãĢ気ãĢå…ĨらãĒいぎãĢ、ぞしãĻį­†č€…ãĢãĢたいしãĻ全く気éŖいをすることもãĒく、åšŗį„ļとしãĻいるå…ŧåŽļぎ態åēĻãĢæˇąãæ†¤ãŖãĻいる。

14

å…Ĩれį”ŗせ。 静かãĢ。

30

「ずし」は㋜推量㋑意åŋ—㋕可čƒŊã‹ŖåŊ“į„ļã‹ąå‘Ŋäģ¤ã‹ĸ遊åŊ“ぎおよそ六つぎ意å‘ŗがある しばらくは、īŧˆæœŦæĨ、äģ–ぎåĨŗぎもとãĢ通うぎをīŧ‰éš ã—ãĻいる様子で、「厎中ãĢ。 ãŸã ä¸€ã¤č¨€ãˆã‚‹ã“ã¨ã¯ã€é¤¨ãŽä¸­ã§ã˛ãŸã™ã‚‰ãĢ一äēēぎį”ˇæ€§ã‚’åž…ã¤ã—ã‹č¨ąã•ã‚ŒãĻいãĒいåĨŗ性達と、æ”ŋæ˛ģや厎中ぎ樊力闘äē‰ã§æ‰ãžã‚Œã€æ•°å¤šãŽåĨŗæ€§ãŸãĄã¨äŧšã†æŠŸäŧšãĢæĩぞれãĻいた、選択č‚ĸぎ多いį”ˇæ€§ãŸãĄãŽäžĄå€¤čĻŗは、ずれãĻもäģ•æ–šãŽãĒいį’°åĸƒãŒæ•´ãŖãĻいぞした。 意å‘ŗは「下æ—Ŧごろãƒģ月æœĢごろ」。

3

ãĒむīŧåŧˇčĒŋぎäŋ‚åŠŠčŠžã€‚

〈č¨ŗ〉 įŋŒæœã€ããŽãžãžãĢしãĻはおくぞいと思ãŖãĻ、 嘆きãĒがら一äēēで寝る夜が明けるぞでぎ間は、おんãĒãĢé•ˇã„ã‚‚ãŽã‹åˆ†ã‹ã‚Šãžã™ã‹ã€‚ äŋ‚åŠŠčŠž ぞしãĻ、思ãĩことぎ、 少しもãĒぎめãĒるčēĢãĒらぞしかば、すきずきしくも、もãĻãĒしč‹ĨやぎãĻ、常ãĒき世をも過ぐしãĻぞし。

ã€Œč‰˛ã‚ã›ãŸčŠã€ãĢ和歌をさしたぎは、åšŗ厉時äģŖãĢč‰¯ãčĄŒã‚ã‚ŒãĻいたéĸ¨įŋ’です。 いとį†ãĒりつるは。 けれお、å…ŧåŽļぎ頭ぎ中はâ€Ļâ€Ļたくさんぎ選択č‚ĸぎ中から選ãļ一äēēであり、そぎ比重はとãĻも小さいもぎだãŖた、ということãĒぎでしょう。

20