しかし、ã‚ĩãƒŗã‚ŋクロãƒŧ゚ぎようãĢäģĨ前からマキマぎことをį‹™ãŖãĻいたæ‚Ēé­”ã¯ã„ãŸã“ã¨ã‚’č€ƒãˆã‚‹ã¨ãƒģãƒģãƒģやはりéģ’嚕はマキマでæąēぞりですね。

4

デãƒŗジがįŽ„é–ĸぎドã‚ĸノブãĢ手をäŧ¸ã°ã—たįžŦ間、åŋƒãŽä¸­ãŽæ‰‰ãŽå‘こうからポチã‚ŋぎåŖ°ã€‚ それでいãĻ æ—Šåˇã¨čžåˆã•ã›ã‚‹æ‚Ē魔が、銃ぎæ‚Ē魔だãŖたりしたらもう最æ‚Ēですよね。

29

『あâ€Ļ。 毎回äēˆæƒŗå¤–ãŽåą•é–‹ã‚’čĻ‹ã›ã‚‹ãƒã‚§ãƒŗã‚Ŋãƒŧマãƒŗですが、77čŠąã§ã¯ãŠã‚“ãĒåą•é–‹ãŒåž…ãŖãĻいるぎでしょうか。 【åŽŗ選】デ゚ノãƒŧトぎã‚ŗナį”ģ像、äģŠæ€ãˆã°ã‚ãĄã‚ƒããĄã‚ƒã‚¯ã‚ĒãƒĒテã‚ŖéĢ˜ã‹ãŖたよãĒâ€ĸ 銃åŧžã¯ãƒžã‚­ãƒžé”į›ŽæŽ›ã‘ãĻ大量ãĢéŖ›ã‚“できãĻおり、ここで23äēēぎäēē間ぎå‘ŊがåĨĒわれぞす。

11

äģŠåžŒãŽäŧįˇšãŽæ„å‘ŗã§ã‚‚ã‚‚ãĄã‚ã‚“å¤§åˆ‡ã§ã™ãŒã€æš´åŠ›ã•ã‚“ã¨ã‚ŗãƒ™ãƒ‹ãĄã‚ƒã‚“ãŽæå†™ãŒå°Šã„ã§ã™ã€‚ 『ワãƒŗパãƒŗマãƒŗ』と同じį­‹ãƒˆãƒŦãƒĄãƒ‹ãƒĨãƒŧを原čˇĩしたįĩæžœīŊ—īŊ—īŊ—īŊ—īŊ—īŊ—īŊ—īŊ—īŊ—īŊ—â€ĸ ã‚¯ã‚Ąãƒŗã‚ˇæ§˜ä¸€æ´žã¯æ—ĨæœŦぎ回čģĸå¯ŋ司ãĢčĄŒããžã™ã€‚ こぎ時、23äēēぎå‘ŊがåĨĒわれ、そぎæ­ģč€…ãŽä¸­ãĢã¯æ—ŠåˇãŽåå‰ã‚‚â€Ļ。

チェãƒŗã‚Ŋãƒŧマãƒŗ75čŠąãŽæ„Ÿæƒŗã¨č€ƒå¯Ÿ 怒æļ›ãŽåą•é–‹ã§ã€č‰˛ã€…ãĒことが分かãŖãĻきぞしたね。 éģ’į€ŦくんãĢ化けたパ゚ã‚ŋ三į”ˇãŒã€ãƒ›ãƒ†ãƒĢからぎ逃äēĄå…ˆãĢ選んだぎはéģ’į€Ŧくんぎ友äēē厅。

頭を撃たれãĻも倒れãĒいマキマぎ銃å‰ĩからはč„ŗãŋそぎようãĒį‰ŠãŒãƒ­ãƒŧプぎ様ãĢ1æœŦだけéŖ›ãŗå‡ēしãĻきぞす。 čŠŗしくįŸĨã‚ŠãŸã„æ–šã¯ã“ãĄã‚‰ã‚’ã”čĻ§ãã ã•ã„。

7

チェãƒŗã‚Ŋãƒŧマãƒŗ【įŦŦ7īŧ–čŠąã€‘ã¯ã€éŠƒãŽæ‚Ē魔がäēē々をčĨ˛ã†å›žã§ã—た。 į”Ÿå‰ã€éģ’į€Ŧと夊įĢĨがåĨ‘į´„しãĻいたįŊ°ãŽæ‚Ē魔、æ˛ĸæ¸ĄãŽåĨ‘į´„しãĻã„ãŸč›‡ãŽæ‚Ēé­”ã€æ—ŠåˇãŽåĨ‘į´„しãĻいたæœĒæĨぎæ‚Ē魔、さらãĢ夊äŊŋぎæ‚Ēé­”ã¨čœ˜č››ãŽæ‚Ē魔ぎčƒŊ力をäŊŋį”¨ã™ã‚‹ãƒžã‚­ãƒžã€‚ æ­ģんだはずぎéģ’į€Ŧ、夊įĢĨ、æ˛ĸæ¸Ąã€čœ˜č››ãŽæ‚Ē魔がå§ŋをįžã™ã€‚

24

少嚴は友達とã‚ĩッã‚ĢãƒŧをするためãĢåŽļぎ外ãĢå‡ēようとしぞす。 ãĒぎで å‡ēæĨるだけエグそうãĒåą•é–‹ã‚’č€ƒãˆãĻãŋãŸæ‰€ã€æ—ŠåˇãŒã‚žãƒŗビ化しãĻいたらåĢŒã ãĒぁと思ãŖたり。 įœ ãã†ãĒデãƒŗジが扉ぎドã‚ĸノブãĢ手をかけようとした時、åŋƒãŽä¸­ãŽãƒ‰ã‚ĸからåŖ°ãŒčžã“えぞすīŧ 「デãƒŗジ é–‹ã‘ãĄã‚ƒãƒ€ãƒĄã ã€ それはいつかデãƒŗジがå¤ĸぎ中でčĻ‹ãŸãƒ‰ã‚ĸでした。

14