「縦型」と「ドラム式」では、一体どちらが電気代が安いのでしょうか? 「縦型」は横回転で遠心力で洗濯をするため、洗濯物が張り付いて空気が通り抜けづらくなり、乾くのにも時間がかかってしまいます。 具体的には、 と の組み合わせなのですが、レノアの量を多くし過ぎると心なしかペトペトするような。 「これ(アタックZERO)だけがあって、これ(ドラム式洗濯機)がなかった・・・」 さあ、前の洗剤は部屋干し専用品を使っていましたが、今回のこれは部屋干しに耐えうるのか気になるところですが、、、どうでしょうか。

9

でも、こんな乾かし方は究極ですよね。 そして 一番のデメリットは価格。

16

簡易乾燥機付洗濯機 洗濯~簡易乾燥までを全自動で行う洗濯機。 我が家は毎回子供がグチャグチャに汚く使ったバスタオルを2枚洗う必要がありますので、「大型」を選ぶようにしています。 主婦の方にとって洗濯は毎日のこと。

2

また忙しい共働き世帯にとってもうれしい機能の1つが「スチームアイロン」でして、乾いた衣類のしわを乾燥機能で伸ばしてくれるんですよ。 中には20年以上同じ製品を大事に使っているご家庭もあると思いますので、水道料金の試算は、便宜上、現在販売されている「ドラム式洗濯機」と「縦型洗濯機」で統一しています。 ぜひ合わせてご覧ください。

23

用途と利用頻度に合わせて選ぼう 洗濯乾燥機の電気代は、カタログ上ではヒートポンプ式で洗濯~乾燥まで1回25円前後。 浴室乾燥機の電気代とも比べてみよう ところで、洗濯乾燥機の他に浴室乾燥機を使って乾燥する方法もあります。

8

とにかく汚れ落ち重視!でしたら縦型。 2 kg以下 洗濯ネット必要、洗濯のみ:3 kg以下 洗濯ネット必要、洗濯のみ:3 kg以下 洗濯ネット必要、洗濯のみ:3 kg以下 洗濯ネット必要、 洗濯のみ:2. 洗濯物を外に干す手間から解放されたり、雨の日や雪の日でも天候に左右されず乾燥まで一気に出来るため、とても便利です。 ドラム式洗濯機のメリット ・洗濯から乾燥まで全自動で高性能 ・水の使用量が縦型に比べると3割程度少ない ・洗濯物に優しい ・洗濯槽が清潔に保てる ・乾燥が早くてふんわり ・洗濯物が楽に取り出せる ・洗濯機の上のスペースを有効活用できる 「全自動でできるのは毎日忙しい方にはとってもおすすめ」 ドラム式洗濯機のデメリット ・洗浄能力はやや劣る ・水量が少ないため色移りしやすい ・メンテナンスの箇所が多い ・比較的製品のサイズや重量が大きい ・価格が高い ・子供の閉じ込め事件が起こっている 「子供がかくれんぼしてて入ってしまいそうだなって思う方はロックを必ずかけましょう」 縦型洗濯機 縦型洗濯機の特徴 たっぷりの水を使用して洗濯槽底にあるパルセータが回転し、水流の回転力で洗浄する。

7

まとめ 縦型、ドラム式洗濯機にはそれぞれメリット・デメリットがあるため、何を重視するかで選び分けましょう。

5