紙上座談会 [ ] 最高幹部(会長・主任副会長・副会長・理事長・壮年部長・婦人部長・男子部長・女子部長・青年部長・その他)らによる紙上座談会が不定期 に掲載され、創価学会と対立する個人・団体や公明党と対立する政党への批判が行われることがある。

27

これは、かつて創価学会および聖教新聞からの出稿を受け付けていなかったことのある放送事業者(TBS、毎日放送 )でも同様であり、創価学会および聖教新聞からの出稿の受け付けを認めていなかった時期から 現在に至るまで [ ]、国政選挙運動期間中の公明党のCMおよび政見放送については出稿を受け付けている。

12

より詳細な情報は、簡単にご自身で検索をして確認をしてみると良いです。

8

政治記事は創価学会が支持母体となっているに関するものが見られる。 その中で「5,000号を迎え、25歳の若者となった聖教新聞の本舞台はいよいよこれからである」とし、本紙が1万号を数えた時を思い描きながら、「この人間の機関紙はいかなるものになっているであろうか」とつづった。

28

また元日を除きやその翌日の月曜日が祝日か振替休日となった場合はその日に振り替える。

3

一面 [ ] かつては創価学会名誉会長・SGI()会長の動静を前面に出すことが多かったが、2010年5月の本部幹部会を最後に池田が第一線から退いた後は池田名義のメッセージが贈られた学会ないしは各国SGI組織の活動を紹介する機会の方が多くなっている。

26

基本的に一般のと同様の形態を採っている。 新聞連載回数は日本一の6469回に達し、400字詰め原稿用紙でおよそ1万5,000枚に及んでいる。

9

創価学会内外の人物・支部、団体の批判や会員に向けての激励が多い。 に廃刊されるまではに委託していた• 週3回の発行では、もう、学会の前進のスピードに、ついて行けない時代になった」 事実、66年(同41年)11月に学会は600万世帯、さらに69年(同44年)2月には、700万世帯に達している。

1