ハ・ジウォンは「誰にも知らせずに行ったのだが、何人かのお客様には気付かれようだ」とし、「とても良い経験になり、その空間で感じたことが演技に活かされたと思う」と明かした。 ユン・ゲサンが演じるのは、ハイスペックなイケメン院長ユン・ピルジュ。

12

少年の優しさに惹かれたチャヨンはまた会う約束をするのですが、ガンが町から離れてしまったことで会えなくなってしまいます。

27

「彼女を避けたい気持ちがある。 ロマンスが中心というよりは、全部見終わったあとに「チョコレート」というタイトルの意味がじわじわ〜と伝わってくるような優しい物語。 幼い頃に母親に捨てられてしまった辛い過去を持っています。

7

韓国ドラマ「チョコレート」全体のあらすじ概要 「チョコレート」予告 全16話。 同ドラマは、メスのように冷たい脳神経外科医のイ・ガンと料理で人々の心を癒す温かいシェフのムン・チャヨンがホスピス病棟で再会し、料理を通じてお互いの傷を癒すヒューマンドラマとして人気を博している。

6

ハ・ジウォンさんはアクションを交えた作品のイメージが強いのですが、本作では初恋の相手を一途に想い続ける女性を演じており、これまでのイメージとは違ったナチュラルな演技を披露しています。 そして、イ・ガンがドラマの中で言っていたのは「チョコレートを食べると幸せだった海の食堂に戻りたくなるから」。

22

ホスピスの中庭で、ヨム・ヘラン扮看護師と年下の彼役チョン・ソクホが話している裏にかかっている…、たぶん。 そのせいで軸がブレブレになり、しかもうまく回収できないまま終わったので、余計にロマンス要素が薄く感じたのかもしれません。

11

キム・ホジョン(ハンソンエ役) 出典:JTBC 食堂を営みながら、週に数回ホスピスの厨房で働いている。

21

ホスピスへ帰り、ガンを探すチャヨンを遠くから見つつ、考えるガン。

20