地方公務員全体(一般行政職) 平均年収:6,380,029円(平均年齢42. 関連コンテンツ 消防士の仕事の面白さ 消防士の仕事の面白さですが、やはり誇りを持てる仕事に就いているという、誇りや自負ではないでしょうか。 区分 平成 30 年度条例定数 東京都職員定数条例 38 ,537 学校職員定数条例 64 ,566 警視庁設置条例 46 ,501 東京消防庁職員定数条例 18 ,502 全任命権者総計 168 ,106 普通の事務職は、38,537人いるみたいです。 ここでは、 ボーナス支給月数を4. 国と地方の平均年収を算出 国家公務員の平均年収は約675万円 まず、 一般行政職の国家公務員給与(月収)と年収を見て行きます。

14

地方公務員全体の20代の平均年収は約400万円となっています。

24

ただ年功序列でやる気をなくした。

12

しかし、地方公務員には事務職のみならず、教師、警察官、消防士も含まれています。 また、年功序列で安定して給与が上がっていくところも魅力の一つだと思います。

なぜなら、トップの所とワーストの所とでは、なんと100万円以上の差があるのです。 この地方公務員(一般行政職)の生涯年収について、• 管理職が評価した成績に応じて、4号、5号又は6号の昇給があります。

30

給与と給料は全く別のものになります。 8 3 41 201,300 40,260 241,560 1,111,176 4,009,896 3,207,916. 1 高校教育職 441,650 1,821,602 7,121,402 44. 民間企業(男性:高卒)の生涯年収(18〜59歳):221,500,000円(給与収入207,300,000円、退職金14,200,000円)• 0万円 649. 給与は、給料に様々な手当を加えたものになります。

5

そして、 国の勧告に地方が準じる形を取って、地方の給与も決まっていきます。

9