剪定は適したタイミングで行う• 紫は、赤と青が混ざった色なんですね ・アルカリ性に傾ける アルカリ性の土を作る場合は、 鹿沼土やピートモスのような酸性の素材を使わないようにします。 特に夏場は新葉が活きよい良く伸び成長する季節ですので葉がチリチリにならないように灌水には注意します。

22

0前後で弱酸性の土になります。

17

比較的新鮮な土壌 一次鉱物が多い と重い土 二次鉱物が多い では、 アルミニウムの流出のばらつきは違うだろ。

19

つまり、秋以降の剪定は花芽を切ることになり、次の花が付かなくなります。

2

あたり一面青いアジサイ一色の景色があるけど、 安定してアルミニウムは流出されないだろうと。

9

日本、ヨーロッパ、アメリカ 等で広く栽培されていて多くの品種が作り出されています。 蛇足です。

20

肥料を撒くだけだと根が地表に上がって来てしまうため、10cmほど掘って土と混ぜて埋めるのがオススメです。 また春先に活力剤を使用する際もPhの管理が必要です。

10

花は長期間楽しめるのでもったいない気もしますが、翌年のことを考えて思い切って早めにやってしまいましょう。 引き続き次の年も花を咲かせたい場合は、花が咲き終わり次第剪定しましょう。

24