「北が見せしめ、在外公館へ処刑リスト16人」『読売新聞』2014年1月31日 吉田健一• 本来での長寿を願う言葉で臣下に用いてはならなかった「万歳」の対象は金日成・金正日、そして最高指導者である金正恩以外にあり得ず、この結果張とその一派は「反党反革命分派行為」を行ったと見なされたという。

6

重村は、今回の「ミニ・クーデター」によって金正恩ら党・政府は軍に主導権を握られる格好となり、(オ・グッリョル)国防副委員長と(キム・ヨンチョル)偵察総局長ら軍部強硬派が正恩を傀儡化する方向に向かうと予測している。 2009年3月16日閲覧。

25

キム・ギョンヒ書記は、夫が粛清されたあとも政治的に健在であることは、すでに確認されていますが、キム総書記の追悼大会に姿を見せなかったことで、健康不安説がさらに強まりそうです。

15

2018年2月15日閲覧。

19

『三国志演義』に登場する蜀の諸葛孔明のような存在。

文匯報もやのような中国政府に近いメディアと緊密な関係にない。