「あの医療器具はないのか?」「医師の具体的な指示が必要ではないのか?」など、どうしてもリスクを先に考えてしまう。 医師や理学療法士など治療にあたるスタッフ全員が患者さんを支えていくので心配はありません。 また、付き添っている家族自身も突然の出来事に対して動揺していることが多いため、実は医師などの説明が理解できていなかったということも少なくないです。

3

病棟から異動してきたり、中途採用で入職してきた看護師です。 看護専門外来の求人は非公開求人として扱われているため、普通に探していてもなかなかみつけられません。 例えばギプスの使用法を理解していないと戸惑ってしまいます。

21

5、外来・救急外来の看護師の給料 外来の看護師は、夜勤手当がありませんので、病棟勤務よりは給料が低めになります。

7

看護師長は、スタッフナースを統括するだけでなく、医療施設の運営に関しても考えていかなければなりません。

12

でも、外来は初回の受診でマイナスのイメージを抱くと、たとえ次にまた受診の必要があったとしても、患者さんはその病院を受診することはなく、違う病院を選ぶようになるのです。

22

病院の目標、外来の目標を参考にして考える 外来看護師が目標を立てるには、その病院の目標、あなたが働く外来の目標を参考にして目標を立てましょう。 また、認知症を誘発することもあるので注意が必要です。 骨粗しょう症や加齢で骨がもろくなっているので骨折しやすいのです。

10