なお10両編成6本は、6扉車を外し6M4T化した上で、引き続き中央・総武線各駅停車で使用される。

18

30 T26 26 26 26 226 226 526 26 426 426 26 07. 新津からの配給列車の場合は、を南下し、一度大宮駅を通過、から・を経由して2度目の大宮駅を通過して大宮総合車両センター東大宮センターに入線する。 本番台区分は10両編成19本(190両)のうち、2009年度(2009年5月) - 2011年度(2011年9月)に製造されたマト1 - 18編成の18本が 製 、2016年度(2017年3月)に製造されたマト19編成が同社の鉄道車両事業を承継した総合車両製作所横浜事業所製となっている。

21

28 17. 7 31. また、床下非常ハシゴの形状が変更された。 上野東京ラインの開業以降は、E231系同士の他、後継車両のとの併結運転も行っている。

10

8000番台 8000番台N4編成(2020年10月28日 平間駅 - 鹿嶋田駅) 向けの車両で、同線で使用されていた205系(0番台・1200番台)と209系(0番台・2200番台)の置き換え用として35編成210両が(当時)に順次投入された。 また、トウ514編成以降は7人かけ座席間枕木方向へのつり革を増設し、トウ517編成以降の貫通扉はE217系タイプから800番台と同様の傾斜式に変更した。 車内ドア上部にドア開閉案内表示灯の設置• 13ムコ 07. さらに登場時は「近郊形置き換え用」の位置付けから行先表示器のメモリー内に宇都宮線・高崎線の駅名の一部が含まれていたことも特筆できるが、量産化改造時に削除された。

1KK K-23 8523 3523 1523 1095 1096 1064 1064 1564 3564 8064 17. 18 04. また、2008年春から自動放送の使用を開始している。 8000番台は黄色• 本番台区分では横浜線活性化プロジェクトの一環として、JR東日本の通勤用車両として初めてオリジナルのロゴマークと(、後に撤去)が車両に掲出された。 車内照明には従来のに代わりを採用しており、消費電力を約40 削減している。

30 59 ATACS改造 16. SIVはモハE232形3000番台、3400番台、3600番台に搭載。 11TK K-27 8527 3527 1527 1086 1087 1068 1068 1568 3568 8068 17. 5新津 123 1023 1223 1423 1423 1023 1023 1023 1223 1223 1023 20. さらに優先席を含む両車端部の3人掛け座席部は荷棚とつり革高さを 50 mm 低くした。

7