すばるを探すときの目印になるし、アルデバランを双眼鏡で見るとヒアデス星団に出会えます。 ひょっとしてひょっとすると、もう爆発して、その光が旅をしている最中なのかも・・・という希望的憶測?もありますが、多くの学者さん達は、まだそこまでは至っていない、少なくとも、今生きている私達が見届けるのは難しいだろうと考えられているようです。 17日 下弦の月:夜明けの頃、南の空で半月が輝きます。

21

火星: だんだん、地球に近づいて来ています。

5

2万光年、写真等級5. 年齢不詳で、アイドルのコンサートにも行くミーハーだが、まさかのあんな科学者とも知り合い。 (それにしては離れているような気がしますが・・・)麦が熟れる頃に昇ることから,麦星,麦熟れ星,麦刈り星とも呼ばれています。

さまざまな空の光景が楽しめる日の入り直後の天体ショーとなるでしょう。 水を汲む部分の淵の二つの星を五倍ほど伸ばすと北極星が見つかります。

生まれつき巨大に生まれ、巨大なためにモーレツに発光し、しかも不安定なので明るさが変化し、さらに表面がバシバシはがれて、周辺の宇宙空間にガスや塵がちらばりまくっているという星です。 」 このベテルギウスの現状に多くの専門家たちは、 「いつ超新星爆発を起こしてもおかしくない!」と警鐘を鳴らしており、 もしこの星が爆発した場合には、少なからず地球でも爆発の大天文ショーが見られると推測しています。 地球から見てどれぐらいの輝きで見えているかを数値化したもの。

東の夜空では、わし座とを見ることができますが、わし座にはアルタイル、はくちょう座にデネブが輝いていて、どちらも1等星なので、その姿を描き出すのも難しくはありません。

26