抗腫瘍ホルモン関連薬は乳がんや前立腺がんに使われる抗がん剤です。 一般的な散瞳剤にはトロピカミドと塩酸フェニレフリンが使われています。 つまり、眼房水の量を減らすように作用する。

そして、緑内障治療薬では眼圧を下げるように働く。 脳幹の圧迫が進行すると致死的であるため緊急を要する。

10

虚血性心疾患治療薬は、冠動脈を広げるか、心筋の酸素消費を節約する薬が使われます。 すみません。

21

M3受容体刺激 瞳孔括約筋のM3受容体を刺激することで、 縮瞳を起こします。 骨粗鬆症にはカルシウムが関わり、カルシトニン、パラトルモン、活性型ビタミンD3などが調節しています。

16

持っててて良い一冊。

30

緑内障治療薬 緑内障は眼圧が上昇しているために起こる。

瞳孔の大きさが変化すると、入射光量と焦点深度が変化する。 アドレナリン作動薬神経遮断薬は、アドレナリン枯渇薬と中枢性交感神経抑制薬があります。 瞳孔括約筋以外にも、毛様体筋のM3受容体も遮断します。

20

(1)対光反応 一 生きているときにしか起こらない反応で,目に光をあてると0.2秒後にすばやく縮瞳し,1秒間で最高になってその後少し散瞳します。 使うと一時的ではありますが、視界がぼやけて、あまり良く見えなくなったのを覚えています。

19