これからも見続けていただければ」と話す。 ツイートは日記原文とほぼ同一のものもあれば、インタビューを元にしたとみられる創作も織り交ぜられている。 当時の人たちは、戦時下を、毎日何を感じながら生きていたのでしょうか? 勝つことを信じ学校生活を懸命に生きた13歳シュンちゃん。

14

わたしはこの表現、間違っていないと思いますよ。 現在のフォロワーが14. 時間通りに流れている(はずの)タイムラインに、日記という時間軸を持った資料をもとにした虚構を紛れ込ませたからこそ、リアリティが生まれ、共感を引き起こしたのです。

13

しかしながら、広島に生まれたわけでもなく、親戚もおらず、なんとなく原爆は近づいてはいけない話題のように感じていました。 者はを決めて、乗り切れ、と言いたい。 "誰も見ていない"とをくくった結果が、みたいな。

し、私はここが場だと思う。 それを誰でもない空に、に描くとはに等しい…と。

7

「差別を助長している」といった批判が上がっていた。

2

ツイートは日記原文とほぼ同一のものもあれば、インタビューを元にしたとみられる創作も織り交ぜられている。

この現象を目の当たりにした上松さんは「広島に行っちゃダメというコメントには、驚きました」と振り返る。 要するに、よそ来た者が人に大を浴びた。 広島は、原爆投下より今日にいたるまで平和や原爆、核廃絶という大きな言葉が街の名と共に世界中の人々に記憶されてきましたが、次の世代の人々が、これらの大きな言葉に実感を保ち続けることは、そう簡単なことではありません。